プラセンタサプリで生命を維持する|人類に欠かせないもの

複数の辛い症状を緩和する

生薬

身体の特徴や体質で違う

更年期障害の症状が出てくると、西洋医学ではホルモン剤や抗不安薬、睡眠薬を用いることが多いのですが、東洋医学では漢方を使って症状を緩和する方法がとられます。女性は、42歳頃から白髪が目立つようになり55歳を過ぎると閉経を迎えている人がほとんどです。漢方ではこの更年期に現れる不調を、気、血、水の乱れからきていると考えています。華奢でパワーが弱い人は「虚」タイプ、がっちりした体格の人は「実」タイプに分類され、気のエネルギーが減ると疲労感が出たり、気の流れが頭から足へと下へ流れずに逆流すると、のぼせやほてりが起こり、冷え性になったりします。漢方では、一人一人の体格や体質に合わせて漢方薬を処方することができるので、更年期の様々な症状に同時に効果が現れるのが特徴です。

様々な症状に効く薬

漢方では更年期の症状を、血の乱れで起きることが多いとされています。また気が乱れると動悸や頭痛、血流が滞ると静脈瘤や不正出血、頭痛や肩こり、血が不足する血虚では、肌荒れ、気力低下、睡眠障害が起こるとされています。更年期障害でよくあるホットフラッシュの代表的な漢方薬は加味逍遥散です。これは不安のような精神的な症状の緩和にも用いられます。温経湯は集中力不足や肌荒れに、抑肝散加陳皮半夏はイライラに効果があります。その他の薬も調合していくつかの症状に同時に効く漢方薬を出してもらうことができます。しかし、この年代に現れる症状は全て更年期障害であるとは限りません。他の病気が原因になっていることも考えられるので、漢方薬を服用する前に除外診断を受けることが大切です。